ブログ【行政書士試験に合格する】行政書士試験の過去問題からピックアップした重要ポイントのチェックにご活用下さい。

ブログ
この記事は約2分で読めます。

行政書士試験の過去問題から憲法、行政法、民法、商法会社法の重要問題をピックアップしています。問題文の”ひっかけ”を、いかに見つけ出すのかをメインに解説しています。重要ポイントとしてチェックしてください。ご活用いただければ幸いです。随時更新しています。
【白神英雄/行政書士・行政書士試験アドバイザー】

スポンサーリンク

憲法チェック

行政書士試験の憲法チェック「人権の享有主体性に関する判例」
行政書士試験の憲法チェック「基本的人権の限界に関する判例」
行政書士試験の憲法チェック「私法上の法律関係における憲法の効力に関する判例」
行政書士試験の憲法チェック「憲法が定める身分保障に関する事項」
行政書士試験の憲法チェック「天皇の国事行為」
行政書士試験の憲法チェック「議員の地位」
10101「指紋押捺拒否事件/外国人の人権に関する判例」行政書士試験の憲法
10102「森川キャサリーン事件/外国人の人権に関する判例」行政書士試験の憲法
10103「マクリーン事件/外国人の人権に関する判例」行政書士試験の憲法
10104「管理職選考受験資格確認等請求事件/外国人の人権に関する判例」行政書士試験の憲法
10105「国民年金裁定却下処分取消請求事件/外国人の人権に関する判例」行政書士試験の憲法
10201「内閣総理大臣の指名/内閣に関する憲法の規定」行政書士試験の憲法
10202「国務大臣の任命と天皇の認証/内閣に関する憲法の規定」行政書士試験の憲法
10203「内閣不信任決議による内閣の総辞職/内閣に関する憲法の規定」行政書士試験の憲法
10204「新国会の召集と内閣の総辞職/内閣に関する憲法の規定」行政書士試験の憲法
10205「総辞職後の内閣/内閣に関する憲法の規定」行政書士試験の憲法
10206「国務大臣の任命の条件/内閣に関する憲法の規定」行政書士試験の憲法
10207「閣議の意思決定方法/内閣に関する憲法の規定」行政書士試験の憲法
10208「国務大臣の特典(訴追)/内閣に関する憲法の規定」行政書士試験の憲法
10209「法律・政令の署名/内閣に関する憲法の規定」行政書士試験の憲法
10210「内閣の国会に対する連帯責任/内閣に関する憲法の規定」行政書士試験の憲法
10301「マクリーン事件のお話/人権の享有主体性に関する判例」行政書士試験の憲法

行政法チェック

「/行政機関」行政書士試験の行政法リライト中
行政書士試験の行政法チェック「行政行為の職権取消と撤回の事例」
行政書士試験の行政法チェック「行政行為の効力-公定力」
行政書士試験の行政法チェック「行政上の義務の履行確保」
行政書士試験の行政法チェック「行政代執行法」
20101「内閣府とデジタル庁は国家行政組織法の対象から除外/国の行政機関」行政書士試験の行政法
20102「内閣府は内閣に置かれる行政機関/国の行政機関」行政書士試験の行政法
20103「外局としての委員会、庁は各省や内閣府に置かれる/国の行政機関」行政書士試験の行政法
20104「各省、内閣府には副大臣、事務次官を置く/国の行政機関」行政書士試験の行政法
20105「内閣は政令を制定し、内閣道理大臣は内閣府令を発する/国の行政機関」行政書士試験の行政法
20201「行政行為の撤回と行政行為の職権取消/行政行為の職権取消と撤回」行政書士試験の行政法
20202「公務員の懲戒処分は行政行為の撤回にあたる/行政行為の職権取消と撤回」行政書士試験の行政法
20203「行政行為の職権取消は法律上の根拠を必要としない/行政行為の職権取消と撤回」行政書士試験の行政法
20204「行政行為の職権取消は信頼保護の要請により制限される/行政行為の職権取消と撤回」行政書士試験の行政法

民法チェック

行政書士試験の民法チェック「通謀虚偽表示の事例」
行政書士試験の民法チェック「意思表示の事例」
行政書士試験の民法チェック「制限行為能力者制度」その2・6~10
行政書士試験の民法チェック「制限行為能力者制度」その3・11~15
行政書士試験の民法チェック「代理」
30101「営利法人も成年後見人になることができる/制限行為能力者制度」行政書士試験の民法
30102「取消後の返還義務は現存利益のみ/制限行為能力者制度」行政書士試験の民法
30103「補助開始の請求は本人の同意が必要/制限行為能力者制度」行政書士試験の民法
30104「後見開始、保佐開始、補助開始の審判の請求ができる者/制限行為能力者制度」行政書士試験の民法
30105「成年後見人、保佐人、補助人は複数選任することができる/制限行為能力者制度」行政書士試験の民法
30201「後見開始の審判を受けた者が成年被後見人となる/意思表示」行政書士試験の民法
30202「被保佐人がした保佐人の同意を得ていない行為/意思表示」行政書士試験の民法
30203「第三者の詐欺(さぎ)による意思表示/意思表示」行政書士試験の民法
30204「心裡留保(しんりりゅうほ)/意思表示」行政書士試験の民法
30205「通謀虚偽表示(つうぼうきょぎひょうじ)/意思表示」行政書士試験の民法

商法会社法チェック

行政書士試験の商法会社法チェック「商行為」その1
行政書士試験の商法会社法チェック「商行為」その2
行政書士試験の商法会社法チェック「持分会社(合名会社・合資会社・合同会社)」
40101「支配人の代理権/商業使用人」行政書士試験の商法会社法
40102「支配人の競業の禁止/商業使用人」行政書士試験の商法会社法
40103「ある種類又は特定の事項の委任を受けた使用人/商業使用人」行政書士試験の商法会社法
40104「表見支配人/商業使用人」行政書士試験の商法会社法
40105「物品の販売等を目的とする店舗の使用人/商業使用人」行政書士試験の商法会社法
40601「譲渡制限株式でも一般承継による取得は対象外/株式の取得」行政書士試験の商法会社法
40201「名板貸人と名板借人の連帯責任で名板貸人にも履行の請求ができる/名板貸し」行政書士試験の商法会社法
40202「相手方の誤認に過失がないときの名板貸人と名板借人の連帯責任①/名板貸し」行政書士試験の商法会社法
40203「相手方の誤認に過失がないときの名板貸人と名板借人の連帯責任②/名板貸し」行政書士試験の商法会社法
40204「名板貸人の責任は名板借人と連帯して責任を負うこと/名板貸し」行政書士試験の商法会社法
40205「契約の相手方を名板貸人か名板借人かを選択するのではない/名板貸し」行政書士試験の商法会社法

行政書士試験に合格する

憲法チェック
このブログは、行政書士試験の過去問題から憲法の重要事項をピックアップし、問題文の出題意図を、いかに見つけ出すのかをメインに解説しています。つまり、いかに「ひっかけ」の部分を見つけ出すか、とい...【続きを読む】
行政法チェック
このブログは、行政書士試験の過去問題から行政法の重要事項をピックアップし、問題文の出題意図を、いかに見つけ出すのかをメインに解説しています。つまり、いかに「ひっかけ」の部分を見つけ出すか、と...【続きを読む】
民法チェック
このブログは、行政書士試験の過去問題から民法の重要事項をピックアップし、問題文の出題意図を、いかに見つけ出すのかをメインに解説しています。つまり、いかに「ひっかけ」の部分を見つけ出すか、とい...【続きを読む】
商法会社法チェック
このブログは、行政書士試験の過去問題から商法会社法の重要事項をピックアップし、問題文の出題意図を、いかに見つけ出すのかをメインに解説しています。つまり、いかに「ひっかけ」の部分を見つけ出すか...【続きを読む】

あなたにあった行政書士試験講座の受講をおすすめします。

私のブログ“行政書士試験に合格する”の憲法・行政法・民法・商法会社法の法律科目は択一式のワンポイントの対策にはなると思いますが、記述式問題や一般知識等科目の対策には程遠いものです。

このブログでは、”アガルートアカデミーの行政書士試験講座”と”東京法経学院の行政書士試験講座”をご紹介しています。

それぞれの良さもあり、あなたに合いそうな講座を選択していただき、講座を主として、私のブログを従として併用していただければ早い段階での合格の目標はクリアできるのではないかと思っています。

アガルートアカデミー、東京法経学院の行政書士試験講座を学習の基本に備えていただくことをご提案します。

法律系難関国家資格を得意とする通信講座アガルートアカデミー!
「アガルートAGAROOT」には、資格の取得を目指す受験生のキャリア、実力、モチベーションが上がる道(ルート)になり、出発点、原点(ROOT)になる思いが込められています。アガルートアカデミ...【続きを読む】
法律系資格取得のための講座・書籍・教材ショップ東京法経学院!
法律系資格取得のための通信・通学講座、書籍・参考書などの出版物や各種教材を取り扱われています。”法律資格の合格指導なら、東京法経学院で!”といわれています。また、資格情報誌「不動産法律セミナ...【続きを読む】
タイトルとURLをコピーしました